Bocchi Games

Individual Game Developer in Japan

Unity Asset Storeで2019マッドネスセール開催中なので、おすすめのセール対象アセットを紹介

マッドネスセール

マッドネスセールが開催中なので、自分がよく使うセール対象アセットを毎日少しずつまとめてみようと思います。

セール会場はこちら

DoozyUI: Complete UI Management System

以下の動画みたい感じのUIビューが、そこそこ簡単に作れるアセット。

www.youtube.com

最近バージョン3がリリースされました(バージョン2は非公開に……)。

バージョン3では、ノードエディタでUIビューがコントロールできるようになってるらしい(未確認)。

バージョン2を使っていますが、特にアニメーション(ボタン押すとスーって画面外からフェードでメニューが表示されたりするアレ)がプリセットで豊富にあるのが、手軽でうれしいところ。

日本語情報が今のところほとんどないので、使いこなせるようになるまでは結構苦しいかもです。

Odin - Inspector and Serializer

おすすめアセット!

インスペクタの表示を強化しまくれるアセットです。

他にもUnity標準じゃシリアライズできない型(Dictionaryとか)もシリアライズできるようになり、非常に強力。

Dictionaryをインスペクタに表示
Dictionaryをインスペクタに表示したり、セットしているプレハブをプレビューしたり

どんなことできるかは、@baba_s_さんがまとめている以下の記事がおすすめです。

baba-s.hatenablog.com

個人的には、インターフェースや抽象クラスが設定できるようになる機能が最強です。

baba-s.hatenablog.com

Mesh Baker

メッシュ、テクスチャやマテリアルを結合して最適化するアセットです。

自分は、主に、シーンのライトベイク前の最適化に使用しています。

メッシュ、テクスチャ、マテリアルの結合
このシーンだと最適化することでSet Pass Callが3→1になる

マテリアルを結合することでSetPass Call(これが結構、コストが高いらしい)を減らせるのでグッド。

Very Animation

おすすめアセット!

アニメーション編集のエディタ拡張アセットです。

Unity標準では編集できない、Humanoidも編集できるのが特徴。

アニメーション編集の定番アセットは他に結構あったりするのですが、Very Animationの良いところは、作者が日本人作者である(日本語情報やサポートが期待できる)のとチュートリアル動画が豊富な点。

チュートリアル動画見ればとりあえず操作方法がわかるのは、本当に重要。(操作方法がわからずにしんどくなって、積みアセット化したのが何度あっただろうか……)

www.youtube.com

ちなみに今回のセールには含まれていませんが、自分がボクセルゲームを作ろうと思ったきっかけとなった、同作者のVoxel Importerもおすすめです。

ボーン入れたりウェイトペイントとかがボクセルモデルに最適化されてて、めちゃくちゃ楽です。

Easy Save - The Complete Save & Load Asset

ゲームデータのセーブ・ロードを便利にするアセットです。

ゲームデータ(Json文字列)の暗号化・復号化を自前で作りたくなかったので、それができると期待して購入。

まだ、使っていません。

I2 Localization

アプリをローカライズしたいときに便利なアセットです。

テキストだけでなくて、スプライトとかサウンドローカライズできるらしい(未検証)

自分は今のところ、AndroidiOSでのアプリ名をローカライズするためだけに使っています。(もったいない……)

Master Audio: AAA Sound

Unity標準のサウンドシステムが貧弱なので、ピッチとかを手軽に変えたりできそうなの期待して購入。

まだ使っていません。

作者セールとマッドネスセールが重複しているっぽいので今購入がお得かも。

Easy Mobile Pro

モバイル特有の機能(広告とかリーダーボードとか)を詰め合わせたアセットです。

インスペクタ上で各種設定ができて、数行のコードでモバイル機能が実装できて便利。

Easy Mobile Pro設定画面
インスペクタ上で各種設定ができる

現在、リーダーボード(Google Play Game Services、Game Center)と広告表示(Admob)に使用中。

そのうちアプリ内課金とプッシュ通知もこれで試してみたいです。

Easy Mobile Proの広告設定
広告の読み込み間隔とかどの広告会社の広告を使うかとか設定できる

実はGIFでのプレイ動画シェア機能目当てで買ったアセットなんですが、GIFの生成が結構重いのと肝心のアップロードがGiphyというサイト経由しかAPIがなかったのが残念。 (しかも当初はPro限定機能だったのが、いつの間にかBasicでも使えるようになってる……)

いま買うとしたら、機能制限版のBasicでも十分かもしれません。

Pro Camera 2D - The definitive 2D & 2.5D Unity camera plugin

主に2Dゲーム向けのカメラ機能を強化するアセットです。

機能は多すぎて説明してられないので、公式サイトを参照。

www.procamera2d.com

Pro Camera 2Dの機能
公式サイトより、機能の一部

今のところ、カメラのキャラクター追従と、カメラビューの縦横幅設定(Unity標準では、縦横幅設定はuGUIでは細かく設定できる機能があるが、カメラにはない)に使用。

Pro Camera 2DのContent Fitter
縦画面でも横画面でもキャラが同じ大きさに見えるように設定

Anti-Cheat Toolkit

メモリハックのチート対策アセットです。

int → ObscuredInt みたいな感じで型を置き換えるだけでチート対策できます。

自分は、ゲームデータ(ユーザーデータ)に関係する変数はこれが提供する型を使用しています。

本気で解析されれば突破できるだろうだけど、カジュアルハックはある程度防げるんじゃないかな、たぶん。

Arbor 3: FSM & BT Graph Editor

おすすめアセット!

状態遷移をノードグラフで可視化できるエディタ拡張です。

Stateパターンが簡単に実現できて、ノードグラフ上でステート同士の接続をノンコードで編集できるのが強力。

実行中は、現在がどのステートなのか一目でわかるため、デバッグのしやすさもグッド。

Arbor FSMのノードグラフ
現在のステートや、ステートの実行された回数などが表示される

Arbor2時代からお世話になってるアセットです。

日本人作者のアセットで、オンライン上でのチュートリアルが豊富でわかりやすいので、ノードグラフでステート管理したいって人にはこれをまずおすすめしたい。 arbor.caitsithware.com

Obfuscator

ソースコードを難読化するアセットです。

個人的に一番やられたくない、アプリを改造(ゲームパラメータ変更とか)して配布される行為をなるべく防ぐために購入。

il2cppでビルドすると実行コードは機械語になりますが、実はクラスのメタ情報(データ構造)は丸見えなので、その部分を難読化します。

Obfuscatorで難読化
名前を難読化したり、フェイク関数を追加して、解析を困難にする

これもAnti-Cheat Toolkit同様、本気で解析されれば突破できるだろうけど、改造対策してるのがわかれば諦める輩ぐらいには効果があるかなーと。

NatCorder - Video Recording API

ゲームの画面を録画してシェアできるアセットです。

上記のEasy Mobile Proの録画シェア機能が微妙だったので、その代わりに購入。

まだ、使っていません。

全アセット対象10%オフクーポン

マッドネスセール中ですが、新たに全アセット対象の10%オフクーポンが登場しました。

50ドル以上の購入で10%割引されます。

クーポンコード:MAYSALE10PERCENT
※1人1回限り、2019年5月15日まで

クーポンは決済画面で入力できます。

割引クーポンを適用
右側にある欄でクーポンコードを入力して適用

割引クーポンを適用2
セール中のアセットも対象なのがうれしい所。もっと早く欲しかった…

おわりに

今回のセールで個人的にVoxel Playを購入しましたが、1日触って満足してしまいました。(マニュアルが複雑で心折れ気味)

セールだとついつい財布が緩んで買ってしまいがちなのが、難しい所ですw